チェンソーマン

【チェンソーマン】伏線・考察・オマージュ・設定・小ネタ【まとめ解説一覧】

第六巻

レゼがキスをしたあとデンジを攻撃したとき、最後に背中を刺している。

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)
(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

この一連の流れはマキマがレゼを攻撃した時と同じものである。

マキマはデンジが他の女にやられたことをやり返している。

モブのデビルハンターは短命。

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

終盤では3コマで殉職する者もいる。

早川アキは二課出身

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

二課所属の野茂から「戻ってこい」と言われていることから、元々の所属は二課。

「あの美女どこかで見たことないか?」は報道されたとき公開された写真で顔を見ていたから。

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)
(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

レゼ編のラストで全てが明らかになった。

武器人間は容姿が変わらない。

レゼが野茂さんに抱きついたとき「ダッこ」と書かれている

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

言葉遊び。

狐の悪魔はイケメンにしか顔面を使わせないどころか、顔に傷を負わせる

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

二課副隊長が出てきたことにより、狐の俗っぽさが明らかになった。

狐の悪魔がイケメン認定している契約者の顔には傷跡がない。

さらにイケメンには丁髷にさせる。与えると喜ぶ。

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

早川アキ同様、二課副隊長にも丁髷をさせているキツネェ⋯。

ビームに乗ったデンジの構図はナポレオンに似ているとファンの間では話題に

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

Twitterで話題になっていました。

天使が飛ばされた時に見た走馬灯は、天使の愛する人。

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

マキマによって記憶を改変させられていた。

サメ・ハリケーン・チェンソーの組み合わせは映画シャークネードからのオマージュ。

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

ファンの間で「シャークネード!」と話題になっていた。

あとからサブタイトルでシャークネードがでてきてさらに話題に。

デンジはチェーンでレゼを抱きしめるために武器を捨てた

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

チェンソーマンは人を抱きしめられないから、一人の少年としてレゼを抱きしめたのかもしれない。

海岸でレゼが着ている服はデンジが着ていた服

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

紳士的な振る舞いもデンジの魅力の一つですね。

マキマは田舎でも都会でもなく、その両方を狩る存在だと話している

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ)

マキマさんはどっちでもない⋯。

↓七巻の解説へ続きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11