考察チェンソーマン

【図解考察】根源的恐怖の悪魔によって判明した勢力図とマキマさんの真の目的【チェンソーマン】

根源的恐怖の悪魔によって判明した勢力図とマキマさんの真の目的について
考察していきたいと思います。

根源的恐怖の悪魔について

第64話 ウェルカムトゥーザヘルで
根源的恐怖の名前を持つ悪魔が登場しました。

まずは彼らの特徴を簡単にまとめていきましょう。

・銃の悪魔よりヤバい
・一度も死を経験していない(現世にはきてない)
・敵意を向けられた瞬間、死を覚悟するレベル
・というか自殺した方がマシなレベル
・地獄の天井の部屋に存在している
・チェンソーの心臓を欲しがっている
・契約を結ぶことができる
・ずっと遠くから見ている

上記のことが明らかになりました。

仮に分かりやすくこの記事での名称は
根源的悪魔と呼びます。

根源的悪魔は銃の悪魔より強いです。
そして彼らは一度も死んだことがありません。
よって、悪魔は死ぬことで輪廻で現世と地獄を往復するので(天使談)
現世には一度も来たことがありません。

根源的恐怖の悪魔に怯えるフタクチちゃん

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)


ここから推測することができるのは、
根源的悪魔の命令によって、銃の悪魔は現世にきたのではないでしょうか?

判明した勢力図その①

マキマさんの目標は銃の悪魔の討伐なので、

根源的悪魔vsマキマさん

という勢力図がまず出来あがりました。

判明した勢力図その②


さらに、もう一つ勢力があります。
それは人間側である岸辺先生の存在です。
最強のデビルハンターで人間側の立ち位置の岸辺先生は、マキマさんとのお茶会で

「人間様の味方でいるうちはな⋯⋯」と話しています。

岸辺先生がマキマさんに発した台詞

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

つまり、

銃の悪魔vs人間

第二の勢力図が出来あがりました。


ここで利害の一致により
「マキマさん」と「人間側」の一時共闘状態となります。

【勢力図結論】

「根源的悪魔」「銃の悪魔」vs「マキマさん」「人間側」

という図が現在の勢力図となります。

チェンソーの心臓について

次に重要となるのが
この物語の最も謎の部分である


【チェンソーの心臓】です。

これは悪魔も世界各国も手に入れたがっています
しかしここで謎があるのです。
何故人類が欲しがっているのだろうか?
ここで一つ強引な仮説を立てます。

仮説その①

【仮説その①】
実は日本以外の各国は、すでに悪魔に乗っ取られている。または、悪魔の言いなり。

今回の刺客編は情報戦となっていますが、
一つ確定していることがあります。


「依頼された【人間】はチェンソーの心臓の価値を理解していない」

という点です。

クァンシ様
アメリカ三兄弟はその意図を知りませんでした。

アメリカ三兄弟の台詞

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

また逆に


トーリカの師匠・ドイツのおじいちゃんは、
人形の悪魔ということが確定していて
チェンソーの価値を理解しています。

【補足説明:なぜ師匠は人形の悪魔なのか?】


何故人形の悪魔確定かというと
第63話でお爺ちゃんと台詞をリンクさせるシーンがありました。
第64話でのトーリカの台詞もリンクさせていると考えて良いでしょう。

師匠は人形を媒介にして会話することが可能

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

この場合、第64話はトーリカの台詞ではなく師匠の台詞と考えることが自然です。

師匠の描写はないが、おそらく師匠の台詞

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

また、回想シーンで国の使者がメモを置いていきました。
これは、人形の悪魔より上位の悪魔による指令と考えることができます。 

置いていかれた指令書

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

そのメモの内容は

「声はマキマに聞かれる
終焉の日が来る
マキマを殺せ」

でした。


この内容を人形の悪魔に伝えるのは、
人間ではなく上位の悪魔だと考える方が自然ではないでしょうか?

【仮説その①:結論】

世界は既に悪魔に牛耳られている。

という仮説①をたてました。
マキマさんが終焉の日を発生させるのかは分かりません。
ここでもう一つ仮説を立ててみます。

仮説その②

仮説その②
チェンソーの心臓は相手勢力を潰すことができる必須アイテムではないか?

保持しているだけでマキマさんが終焉を発生させるトリガーになるのかもしれません。
また終焉は悪魔たちにとって都合の悪いことであると考察できます。

天使の発言により

「悪魔たちはみんなチェンソーの音を聞いている」ということは、対悪魔用武器の可能性が高いのではないでしょうか?

悪魔は地獄で死ぬ(殺される)とき、チェンソーの音を聞く

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

それを概念的悪魔たちは、地獄で保有したいのかもしれません。
または、マキマさんに保有していてほしくないのかもしれません。

仮説①②を合わせた結果

現時点ではマキマさんは人類側にたまたま立っているだけ。
ということになります。

理由は不明ですが
例えば「人類は映画を作ることができるから」とか普通に言い出しそうではあります。(そんな大きな大義名分よりも個人的願望を叶えられる力が備えられていると僕は考えています)

映画大好きマキマさん

(引用: チェンソーマン/藤本タツキ 出版/集英社)

第一話はチェンソーの心臓を確保しに現場までいったのでしょう。

現世に来れる最強悪魔が銃だとするならば、まずはそれを処理してしまおうとしているのかもしれません。
(チェンソーの心臓もゲットできたので)

まとめ【考察結論

マキマさんの目的は、チェンソーで悪魔を全滅させる。
または、地獄の破壊。


以上、現時点の情報を自分なりに繋げてみました。

チェンソーマンは次週の予想をするのも困難な作品なのですが、
今章はたくさんの新ワードが出てきているので
自分なりに楽しく考察してまとめてみました!

読んでいただいてありがとうございました。
楽しんでいただければ幸いです。

[temp id=6]