考察チェンソーマン

【チェンソーマン 考察】ポチタが心臓を与えた本当の理由は、二つめではなく一つめの契約では?

第82話でマキマさんがポチタとデンジの契約の話をしました。

しかし、このとき発言された契約内容は「普通の暮らしをすること」「心臓を渡すこと」の二つ目の契約で、一つ目については触れられませんでした。

今回は、一つ目の契約について考察していきたいと思います。

一つ目の契約内容

まず、契約内容の整理をしたいと思います。

①「お前を助けてやるから、俺を助けろ」


②「私の心臓をやる⋯かわりにデンジの夢を私に見せてくれ」


(引用: チェンソーマン /藤本タツキ 出版/集英社)

(引用: チェンソーマン /藤本タツキ 出版/集英社)

今回マキマさんが触れた契約は②のみでした。

マキマさんはなぜ
二つ目の契約だけに触れたのか

(引用: チェンソーマン /藤本タツキ 出版/集英社)

心臓を抜き取ることだけを考えた場合、契約①は関係が薄いと考えたからではないでしょうか?

また契約①が継続中だったとしても、心臓を奪えば問題はないのかもしれません。

ポチタの真顔について

(引用: チェンソーマン /藤本タツキ 出版/集英社)


一話でちょくちょく出てくる真顔のポチタ。

これはもしかするとデンジとの契約履行中として捉えることができるのかもしれません。

表情豊かなポチタが真顔になるのはとても気になっているポイントです。

エンジンをふかしているときだけ真顔のような気もしますが、デンジと融合したときも真顔になっているので、契約が履行されたときの表情という可能性は捨てきれません。

二つ目の契約は心臓結合のあと

(引用: チェンソーマン /藤本タツキ 出版/集英社)


マキマさんは「デンジが夢を叶える(普通の生活をする)代わりにポチタから心臓をもらった」と解釈していますが、

そもそもデンジが心臓をもらったのはポチタとの契約②の前です。

一方的な契約はできない(マキマさんですら強制的に口約束を結ばせている)と仮定すると

心臓を結合できたのは、契約①が履行されたからと考える方が自然ではないでしょうか?

そう考えるならば、マキマさんの計画がうまくいかない可能性が出てきます。

まとめ

ポチタがデンジと結合した理由が契約②ではなく契約①だと仮定した場合、マキマさんの計画は大きく狂う可能性がでてきました。

またポチタの心臓を奪われてしまった場合のデンジの生死が気になるポイントです。

読んでくださってありがとうございました!

【チェンソーマン考察】映画館でマキマさんとデンジが泣いた理由【第一話伏線】 今回は第39話 きっと泣く でマキマさんとデンジが泣いた理由について考察していきたいと思います。 また考察をしていくと、...
【チェンソーマン考察】マキマさんがデンジとポチタの契約を破棄させたい理由 第82話でとうとうマキマさんの計画を知ってしまったデンジ。 今回の考察ポイント ・なぜマキマさんはポチタとの契約を破棄さ...
【チェンソーマン考察】第一話でポチタがたまに真顔になる理由 デンジの相棒ポチタ。 ポチタのメイン回は現段階(最新第82話)の時点ではメイン回は第1話だと思います。 この第1話...
【チェンソーマン】 第82話 朝食はしっかり 感想 パワーがマキマさんにやられたところから第82話のスタートです。 それでは今週の感想にいきましょう。 マキマ...